お金を借りて香港市場の株に投資するのは危険

香港市場は現在不安定な状態が続いていますが、それだけに大きく利益を上げるチャンスでもあります。
株というのは大きく上昇をしている時が一番利益を出しやすいタイミングですが、それと同様に乱高下している時というのも投資のチャンスと言えます。
値動きがなければ利益を得るチャンスもなくなってしまいます。
大きく動いているということは値幅を取るチャンスが有るということですから投資をする絶好のチャンスともいえます。

そのため、香港市場は魅力的な投資対象のひとつですが、絶対にしてはいけないことがお金を借りて香港市場に上場する株に投資をするということです。
投資はあくまでも自己資金の範囲で行うのが鉄則です。
特に香港市場のようなハイリスクハイリターンの市場に参加する時に借りたお金で投資をするというのは非常にリスクの高いものとなってしまいます。

例えばすでに日本の株式市場に投資をしていて、大きな利益を出している人が現金資産がないためにお金を借りて香港市場に投資をするというのであれば、いざというときには現金化できる資産が有るわけです。
うまく運用をすることができるのであれば、一時的に借りるというのもそこまでリスクが高いわけではありません。

しかし、資産がないにもかかわらず借金をして投資をするようなことは、非常にリスクが多く単なる博打となってしまいますから避けるようにしましょう。

大きく儲けようとすればそれだけ大きなリスクを負うことになるわけです。
それに加えて借金を背負ってしまうというリスクがあればまともな投資をすることが難しくなってしまうため、魅力的に映る香港市場に投資をするにしてもお金を借りてまで投資をするというのは避けましょう。